多くの人が発症する可能性のあるうつ病についての情報

産後に発症

産後は様々なストレスがあり、それによってうつ病を発症することがあります。産後のうつと呼ばれ、治療方法も幾つか種類が確立されてきています。治療を行なって早めにうつ病を改善していきましょう。

詳細を確認する

治療方法や費用

うつ病になったときには、早めに治療することが望ましいです。治療方法も種類があるので、様々なことを試しながら解決に導いていきましょう。費用は症状や専門機関によって異なっています。

詳細を確認する

うつ病を知る

あなたはうつ病の種類全てをご存じですか?心の病だと思われがちですが、その原因も実は異なるのなのです。

症状に応じて診療科を選びましょう

うつ病は非常に多くの種類に分けることができます。学会によっても分類の仕方は異なっています。たとえばWHOの基準に従うなら、軽症・中等症・精神症状を伴わない重症・精神症状を伴う重症・その他・詳細不明に分けられています。 「その他」の中には仮面うつ病と呼ばれる種類があります。これは意欲の減退よりも、不眠・頭痛・便秘など、体の症状が強く表れるタイプです。内科で不調の原因がわからないときは、心療内科を受診すると、うつ病を発見できる場合があります。 同じく「その他」に分類される非定型うつ病は、仕事のときだけ気分が悪くなる種類です。肉体よりも精神の不調を強く感じるときは、心療内科よりも精神科を受診すると診断が早いでしょう。

原因を解決することも重要です

うつ状態になる原因はさまざまで、その種類別に病名を分けることもできます。退行期うつ病は定年退職などをきっかけに発病する症状です。女性の場合はホルモンのバランスを崩すことにより、更年期うつ病や産後うつ病を発症します。冬季うつ病は屋内に引きこもる生活が原因となります。またガンや糖尿病・てんかんなどがうつ病を併発することもあります。 これらの症状は抗うつ薬で緩和できますが、根本的な原因を解決しないと根治しません。自己判断で市販の薬を服用すると、一時的には改善しても、隠れている病気をこじらせてしまうことがあります。適切な診療科の医師に相談することで、うつ病の原因を見抜き、心と体の両方をケアすることができるでしょう。

うつで気を付けること

 うつ病と言えば、近年では40代以上の人では10%から20%もの多くの人がかかる精神疾患です。うつ病の症状として、過度の抑うつ感を伴うものであることや、「頑張って」等の励ましの言葉をかけることは更なる負担をかけるものであることは今や多くの人が知っていることであります。しかしながら、うつの人に「頑張って」という言葉をどうしても言いたいのなら、「頑張ってるね」という言葉をかけるようにしましょう。これだけでもうつの人にとっては負担もなく、随分と救われるものとなっています。また、うつ病には抑うつ感だけでなく、イライラ感を伴う種類のものもあり、イライラしているからと言って、決して大丈夫とは思わないようにしましょう。

うつ病の種類で知っておいた方が良いこと

 うつ病と言っても、いくつかの種類があります。その中にはあまり知られていませんが、中には妄想を伴う種類のものもあります。妄想と言っても、統合失調症と異なり、罪業妄想や貧困妄想等、ごく限られた種類の妄想しかありません。しかし、もし、こうした妄想を持つようなら、妄想を伴うタイプのうつになっているということを知っておいた方が良いでしょう。この他、新型うつ病というのもあります。これは普段は何ともないのに、職場や学校等のストレスの多い場所に行くと症状が出るタイプのうつ病です。この他、躁うつ病も、抑うつ症状を伴うので、注意が必要です。特に、躁うつ病とうつ病では治療方法や、治療に使用するお薬も異なるので、見極めが必要となります。

うつ病の種類を知ろう

現代人を取り巻く環境そしてさまざまな状況によって精神的に参ってしまい心の病、精神的に病んでしまう人が増えているようである。一般的にはうつ病という表現をされることがわかりやすいのではないだろうか。このうつ病には症状の程度とともにほかにも種類ががあるようである。それはよく認識されているうつ病を従来型とするならば現在増えてきているうつ病の新型うつと言われるものである。この2種類が現在確認されているうつ病ではないかと思われる。この2種類の発症する人には全くの正反対の性格的な特徴がありなかなか対応として柔軟な対応と理解が求められるようである。こうした特徴を知ることでうつ状態の人の改善を見守り受け入れていかなければならないだろう。

抗うつ剤の適用

うつ病の治療方法は何種類かありますが、その中でも薬の投与が一般的に行われている治療方法です。そのときに使用されるものが抗うつ剤と呼ばれる薬で、抗うつ剤の種類も多岐に渡っています。

詳細を確認する

歴史や今後の見通し

うつ病は心の病気で、症状も種類が多く、精神的なものなので、病気なのかどうかを見極めることが難しいものでもあります。歴史的に見ると、うつ病の認識が始まったのはここ数年です。患者数の増加に伴い専門機関も増えてきています。

詳細を確認する

若い人でも

うつ病の発症は、中高年だけでなく若い人でも発症リスクがあります。若い人に見られるうつ病の種類もあります。うつ病独特の症状が、若い人の場合は出ないこともあるので、注意が必要です。

詳細を確認する

更新情報・お知らせ