多くの人が発症する可能性のあるうつ病についての情報

産後に発症

出産後にかかる心の病気

女性は、妊娠期は心の病気になることはあまりないとされているが、産褥期、いわゆる分娩から月経が再開されるまでの4〜6週間ぐらいの間は、気分が不安定になる。 この期間にかかる心の病気の一つに、産後うつ病がある。 産後うつ病にかかる女性の割合は約10〜20%で、出産後1〜2週間で発症するといわれている。 一般的な症状は、食欲の減退や増加にともなう体重変化、不眠または睡眠過多、疲れやすい、集中力、思考力、決断力の減退などがあげられる。 ただし、産後の心の病気で種類のよく似たものにマタニティーブルーズがあるが、これは出産後長くても数週間で自然によくなり、治療の必要がないので混同しないようにする。 産後うつ病で発症しやすい人は、10代での妊娠、シングルマザー、高齢出産、不妊治療の既往歴のある人などがあげられる。これは、育児不安や育児困難な状況であることが大きな要因とされている。

産後うつ病の原因と治療方法

産後うつ病は、妊娠中に赤ちゃんを胎内にむかえるために変化していたホルモンバランスが、妊娠前の状態に戻るために乱れ、それが原因で発症するといわれている。 これは、女性ホルモンであるエストロゲン、ブロゲステロンの値が急激に下がったり、甲状腺から分泌されるホルモンの値も下がったりすることが理由と考えられている。 産後うつ病の治療方法は、大きく分けて二種類ある。一種類は、夫、家族、周囲の人とよく話し合い、産後うつ病とはどういったものか認識することである。また、婦人科、子育て支援センターなどの専門家に相談することも視野にいれておく。 もう一種類は、病状の回復の兆しがない場合には、心療内科、精神科の医師に診てもらうことである。カウンセリング、投薬など患者一人一人に適応した治療がおこなわれる。 出産後は、とにかく休養をとりながら育児をすること、頑張りすぎないことが大切である。

うつ状態をしり工夫しよう

2種類のうつ病に関していえることの分け方として従来型と新型と分けられるだろう。特徴の違いとしては、従来型のうつ病になる人は真面目で責任感が強く、他人を思いやれる気配りの出来る人などらしく何かあると自分を責めたりすることなどから自分を追い込んでしまい発症してしまうことになるようだ。しかし新型うつに関しては全く正反対の特徴をもった人がなりやすいらしい、いくつかの項目がある中高年よりも若年層に多い、他罰的な傾向(人のせいにしやすいなど)、自らうつ病であると訴える出る、休養をほしがる、自己愛など自己中心的そして抗うつ薬が効きにくいといったことがあげられるようである。新型うつの場合には甘えなどと思われることでより一層孤立しかねないのでしっかり知る必要があると思われる。それぞれの状態のよって工夫した対応が求められるのではないだろうか。